お知らせ

校内 少林寺拳法大会を開催しました


本校恒例の「少林寺拳法大会」を開催しました。
少林寺拳法は日本で誕生し、今年で創始70周年。現在では世界39カ国で180万人もの拳士に伝えられてきました。
本校では建学の精神にも通じる少林寺拳法を、人間教育の柱として授業に取り入れ、年に1回生徒・教職員が一体となって少林寺拳法大会を行います。

勝ち負けを争わない少林寺拳法では、二人一組での演武を基本とし、息のあった美しい演武を作り上げる中で、互いを思いやり成長し合う精神を育みます。
生徒たちはこの日のために一生懸命に稽古した演武を真剣に、そして楽しそうに披露しました。
最後には、優秀な演武を披露した生徒たちが表彰を受けました。

演武の審査が行われている間に披露されたのは、教員や、少林寺拳法部員、生徒会など有志の生徒による演武でした。
特に教員の演武披露では、普段と違う先生の姿に生徒たちは大喜びで、とても楽しそうな表情で見守りました。

また、創始70周年を記念して行われた弁論大会では、入賞した阪本君(3年)が「自己を確立することや思いやりの心をもつことで、世の中は良い方向に向かうことができる、少林寺拳法で学んだことを通じて社会に貢献していきたい」と力強く話し、北島さん(2年)は護身術としても学ばれる少林寺拳法が目指す平和な社会について「平和について私たちが考えることで、世の中は少しずつでも変えることができる。これこそが本当の意味での護身術ではないか。」と発表しました。

——————————————————————–

京都廣学館高等学校
〒619-0245 京都府相楽郡精華町下狛中垣内48番地
TEL:(0774)93-0518(代)
検索はひらがなで、「きょうとこうがっかん」です。

コメントは停止中です。