お知らせ

芦原空手道部


芦原空手道部では、校外でのクラブ活動も積極的に取り組んでいす。

1月5日には、毎年恒例の早朝寒稽古を行いました。普段は9:30~の練習ですが、この日は7:00~の開始でした。
20190108_190115_0021 20190108_190115_0018 20190108_190115_0017 20190108_190115_0015 20190108_190115_0008 20190108_190115_0003 20190108_190115_0002 20190108_190115_0001
冷えきった道場でもみんな気合い充分で汗を流しました。
稽古後はお雑煮を食べて、保護者からの差し入れもいただき、みんなおなかいっぱいで稽古初めを締めくくりました。

1月12日~13日の2日間には愛媛県松山市にある新国際空手道連盟芦原会館総本部へお邪魔し、先代館長の故芦原英幸先生が建てられた総本部の空気を感じることができました。

初日は、本校だけの特別メニューをご用意してくださいました。指導して下さった佐伯公一朗先生は、懇切丁寧で非常に理解しやすく、普段学校では行っていない技術を提供してもらいました。芦原空手の基盤となるステップワークやポジショニング、タイミングの重要性を改めて再認識できました。
また、昨年、カザフスタンで行われた世界大会60kg級チャンピオンの紺堂巧維選手が稽古会に参加してくれました。生徒達は紺堂選手に思いっきり当たっていき、紺堂選手からもお褒めの言葉を頂きました。
2日目は故芦原英幸先生のお墓参りを行い、ご冥福をお祈りすると同時に技術向上、そして本校芦原空手道部の発展を祈願させて頂きました。お参りを済ませた後、総本部道場へ再び足を運び、初日の復習から始まり、特にタイミングの取り方のコツを指導して頂きました。
2日間とも本当に充実した内容の稽古に、部員全員が大満足の様子でした。

IMG_0141 IMG_0150 IMG_0182   IMG_0300 IMG_0305   IMG_0541 IMG_0563 IMG_0571

今回の遠征で学んだことを、本校に持ち帰り、しっかりと稽古していきたいと思います。
来月(2/24)には関西地区審査会が催されますので、まずはここに向けて部員一人ひとりが目標の昇級昇段が達成されるように努力してほしいと思います。
最後に、佐伯先生、紺堂選手、そして芦原館長、本当に有り難うございました!押忍!

コメントは受け付けていません。