お知らせ

少林寺拳法創始70年の開祖忌を行いました


DSC_0782 DSC_0786 DSC_0815
本校では人間教育の柱として、少林寺拳法と坐禅を授業に取りいれています。
少林寺拳法は勝ち負けを争うものではなく”人づくりの行”として行われ、思いやりの心や健康な身体の育成を通じて、社会に役立つ人材を目指しています。

1947年に開祖 宗道臣先生が香川県の多度津において少林寺拳法を創始されて、今年で70年を迎えたということで、少林寺拳法の道場として登録されている本校でも式典を行いました。

式典は、少林寺拳法部の生徒たちや、毎週水曜日・金曜日に本校で少林寺拳法の稽古をしている「精華下狛スポーツ少年団」の子どもたち、その他にも本学園の教職員や有志の生徒も参加して行いました。
DSC_0821 DSC_0826 DSC_0852
小さな子どもたちが参加していることもあり、学園理事長からは「イソップ物語」のお話に例えつつ、少林寺拳法の精神についてわかりやすい講話が行われました。

DSC_0867 DSC_0870 DSC_0890

その後はスポーツ少年団の子どもたちによる凛々しい演武や、本校少林寺拳法部や教員による演武も行われ、式典を締めくくりました。

毎週水曜・金曜の18時半から行われている精華町下狛スポーツ少年団では、少林寺拳法の道場として、中学生までの子どもを対象に、少林寺拳法の稽古を行なっています。
本校近隣にお住まいで興味をお持ちの方は、ぜひ見学にお越しください。

—————————–

京都廣学館高等学校
〒619-0245 京都府相楽郡精華町下狛中垣内48番地
TEL:(0774)93-0518(代)
検索はひらがなで、「きょうとこうがっかん」です。

コメントは停止中です。