学校長挨拶

可能性への挑戦

 本校は建学の精神に込められた、創設者の教育に対する熱い想いを汲み取り受け継ぎながら、人間教育の具現を掲げ、常に生徒に寄り添った教育を行ってきました。今後も建学時の清新な気風を継承しつつ、厳しさを増す時代を逞しく生き抜くための知性と教養を持つ人間を育てるため、平成25年に高校創立30周年を機にそれまでの教育システムを一新し、校名を京都廣学館高等学校として、時代の人づくりのために新たな教育に取り組んでおります。

 今日まで培った良きものを守りながら、新しきものを果敢に取り入れていく教育を実践し、本校はさらに「新しい伝統」を築き上げていきます。「人間の能力は生まれつきのものではなく、その人の努力によって開発され、無限に伸ばされる。」という教育理念の下、私たち教職員は一人ひとりの生徒の可能性を信じて、全力で生徒と共に歩んでまいります。

 誰もが持っている素晴らしい可能性を磨き、夢をかなえるために、情熱を持って勉学やクラブ活動に挑戦することのできるあなたとの出会いを、心から期待しています。

学校長 中西 紳也学校長 中西 紳也

建学の精神

教育理念

人間の能力は生まれつきのものではなく、その人に努力によって開発され、無限に伸ばされる

校訓「愛・信・敬」

他人(ひと)を愛し、他人を信頼し、他人を尊敬する、人間(ひと)に私はなりたい。
他人から愛され、他人から信頼され、他人から尊敬される人間に私はなりたい。

教育の目的

愛情と信頼と尊敬に充ちた教育を通じて、個性を伸ばし、能力を開発し、自律と向上心ならびに互助協力の精神を培わせ、徳・体・智の調和がとれた人格の形成を図り、国歌および社会に貢献できる人間を育成することを目指している。